国際理解教育

SDGs
模擬国連
校内模擬国連

国際理解教育

異文化や他者を理解し、
真の国際人となるために

異文化や他者を理解し、
真の国際人となるために
本校はカトリック校として、またユネスコスクールとして国際理解教育に力を入れています。真の国際人になるためには、語学習得だけでなく、異文化や他者を理解し、「ノーブレス・オブリージュ」のような与えられた力を他者のために生かす精神を育む必要があります。
このような国際社会で必要とされる能力を身につけるために、本校では外部の団体の講演会を行うことはもちろん、授業にも模擬国連を取り入れるなど、国際的な視野から世界や社会を見る取り組みを積極的に行っています。
また、生徒から発信された「こんなことを学びたい」「人のために役に立ちたい」という想いを尊重し、その想いに応えられるよう支援しています。本校のこうした在り方は、現在、SDGsの活動という形で結実しています。
異文化や他者を理解し、
真の国際人となるために

SDGs

「“Leave no one behind”(誰一人取り残さない)」

SDGsとは?

定期的な活動

プロジェクト制の活動(2018年度)

①中高生のための母子健康手帳ガイド

この手帳を作成した生徒は、現在の性教育が、女性が持つリスクの警鐘に偏りがちだという問題意識を持っていました。そして、「女性であることに誇りを持てるように」という目標を立て、その実現に向けて始まったプロジェクトです。生徒は、調布市役所や助産師に積極的に取材を行い、全19ページから構成される母子健康手帳を作成しました。

また、この手帳には、女子中高生でも知っておきたい知識や相談先について記載されおり、「さまざまなことに不安を抱えなくてよい」というメッセージが込められています。作成した生徒は、校内でこの手帳を用いたピアカウンセリングを行うなど、実際に活用しています

②ハンディポッド

カンボジアのトンレ=サップ湖では、多くの人が水上で暮らしています。そして、現地の方々は、生活排水をその湖に捨てる一方で、湖の水を生活用水としても活用しています。そのため、病気になる人が後を絶たない状況が続いています。この状況を改善するため、国際NGOであるWater Aidでは、地元の植物を使った浄水装置である「ハンディポッド」を製造・販売してきました。

本校では、Water Aid Japanの協力の下、このハンディポッドを日本で初めて制作しました。この制作を通じて、中学生でも制作できる装置が無いために、人が亡くなる現実について理解を深めるとともに、「ハンディポッド」の啓蒙と活用に向けて、引き続きプロジェクトを進めています。

※その他のプロジェクト

スポーツ指導員派遣NGO 地域スポーツの活性化のための指導員派遣事業の提案
バイブルガーデン 聖書に出てくる作物を作り、貧困問題の解決を目指す
歯ブラシ回収事業 歯ブラシ回収を通じた、海洋プラスチック問題の啓蒙活動
カンボジアスタディーツアー ユネスコ主催のツアーに参加し、カンボジアの現状を学習→校内で共有

模擬国連

校内模擬国連

page top