2020年度

晃華学園の桜

投稿日2021/3/29

春の嵐から一夜明けた麗らかな春の一日。今日は晃華学園の桜をご紹介します。
まずは正門のマリア像の後ろにある桜から。その名も「オカメ桜」という濃いピンクの桜は、すっかり葉桜となっていました。この桜は例年3月中旬までに満開となり、多くの卒業生の門出を祝ってきました。

 

次は、正門脇から自転車置き場と続く桜並木です。柔らかな淡い桜色の花が咲き誇っています。晃華学園facebookでもおなじみの1枚ですね。

 

この2か所の桜は正門に近いこともあり、卒業式・入学式でも大人気の撮影スポットです。でも自然環境豊かな晃華学園の桜は、ここだけではありません。メインアリーナ・生徒玄関を過ぎて、芝生へと進んでみましょう。まず目にはいってくるのは枝垂れ桜。艶やかな桜が開花しはじめています。

 

枝垂れ桜の下に立って、視線を高く青空を見上げてみましょう。芝生の向こう、ルルドのマリア像の奥にとても背の高い桜の梢が見えていますね!山桜でしょうか。満開です。

 

またマリアの園幼稚園の園庭脇、百葉箱の隣にも桜の木が2本植えられています。とても清楚な花ですね。5月には、この桜にとてもかわいいさくらんぼがたわわ実ります。とても高いところなので、毎年小鳥さんたちが楽しみにしているようです。

 

他にもまだまだ桜の木がありますよ!

入学式まであと1週間。新入生の皆さんも、是非お気に入りの「マイ桜」を探してみてください。

page top