2018年度

東京大学キャンパス見学ツアー

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2018/8/27

7/15(日)、晃華学園の中学3年生以上の生徒を対象とした、東京大学キャンパス見学ツアーが開催されました。

「絶対に東大に行くんだ!」という生徒から、「東大ってどんなところかな?」という生徒まで、様々な思いを持った生徒25名が、東大赤門前に集いました。
見学ツアーは、案内をしてくださる東京大学の学生の自己紹介から始まりました。学部生から大学院生、文学部から理工学部まで、幅広い世代、専門の学生達が晃華生のために案内をしてくださいました。t1はじめに、赤門の歴史の紹介。その後、東大生が利用する図書館やゼミルーム、サイエンスギャラリーに展示されたノーベル賞、かつて学生運動の拠点になった安田講堂などを、説明を受けつつ見学しました。普段テレビや本などで登場する場所を次々と目の当たりにした生徒たちは、厳しい暑さに負けないような熱意で、食い入るように説明を聞いていました。t2

t3

最初のうちは緊張していた生徒もいたようでしたが、終盤になると、歩きながら楽しそうに多くの質問をしており、その表情はとても明るく、希望に溢れていました。t4

晃華学園では、多くの生徒が中学3年生の時にオープンキャンパスに行っています。東京大学に限らず、自分の目で大学のキャンパスを見たときには、大きな刺激を受けるはずです。見学することによって「ここに行くんだ!」と決心した生徒は、驚くほど逞しく成長します。そのような姿を見ると、晃華生は無限の可能性を秘めているな、といつも感心させられます。
ひょっとすると、この日東大見学ツアーに参加した晃華の生徒たちが、将来東大生として案内をする側に立つかもしれません。その時、参加する晃華生の目には、とても素敵な憧れのお姉さんとして映ることでしょう。

【進路学習指導部のその他の行事】

大学入試説明会についてはこちら

大学模擬授業についてはこちら

page top