2020年度

つくろう!ハガキで寺子屋プロジェクト(お知らせ)

投稿日2021/1/24

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、生徒の活動が制限される中、生徒たちは校内でできることを主体的に探して実行しています。今回はそんな晃華生の活動の一部をご紹介します。
以下、生徒が書いたお知らせです。在校生の皆さんはぜひご協力ください。

 

私達は、「つくろう!ハガキで寺子屋プロジェクト」を実施しています。今回のプロジェクトでは書き損じハガキを集めUNESCOに送らせていただきます。書き損じハガキとは、書き間違えて送れないハガキや古くて送れなくなったハガキを指します。

これらの活動はSDGsの4番目に呼応し、全ての人が教育を受けられるよう、支援するものです。貧しさや紛争、女子には教育は必要ないとい う考え、そもそも学校がないなど様々な背景で基本的な教育を受けれない方々が多くいます。

その結果、教育を受けられないまま大人になってしまい、安定した仕事に就けず貧しくなり、その子どももまた学校に通えないといったスパイラルに陥ってしまいます。このスパイラルを断ち切るためには、誰もが質の高い教育を受けられるようにする必要があるのです。

そのための活動をしているのが今回実施する「つくろう!ハガキで寺子屋プロジェクト」です。具体的に数字で表すと、書き損じハガキ11枚または、未使用切手500円分で1人が1カ月教育を受けることができます。

年末年始は年賀状を書く機会が多くなると思いますので、その際にでた書き損じハガキは是非「回収ボックス」への投函よろしくお願いします。

この企画に興味をもたれた方は是非下記のサイトもご覧ください。
1人でも多くの子供が学校に通えるよう、ご協力よろしくお願いします!

⚫︎回収物  書き損じハガキ、未使用切手

⚫︎回収場所  生徒玄関前回収ボックス

⚫︎回収期間  12月19日~1月28日

⚫︎日本ユネスコ協会連盟「書きそんじハガキキャンペーン実施中!」(こちらからHPをご確認ください)

page top