2019年度

第4回学校見学会のご報告

投稿日2020/1/12

2020年1月11日、本校のマリアンホールで第4回学校見学会を実施しました。多くの方にご来校いただき、誠にありがとうございました。

学校説明会

今回の学校説明会では、進路がすでに決定している高校3年生が登場。5名の高校3年生による発表と、広報部員による学校説明を交互に行う形式となりました。

5名の高校3年生は晃華学園の進路指導、すなわちライフガイダンスの中で、自分がどのような6年間を過ごし、どのように進路選択をしたのかを発表。
ライフガイダンスとは、単なるキャリアガイダンスだけでなく、自分にとって「よい生き方」とは何なのか、を考え続ける晃華学園の進路指導です。(晃華学園のライフガイダンスについてはこちら

進路決定の経緯は、当然ですが人によってそれぞれ。

中学3年生が提出する卒業論文やコラボ授業(一つの課題を複数の教科の知識を使って考える授業)が進路決定に大きな影響を与えたという生徒。
晃華学園が大切にしている「ノーブレス オブリージュ」つまり、「自分の力は世の人々のために使うよう与えられたもの」という精神に触れながら、自分の6年間を語った生徒。

それぞれの生徒の進路決定の経緯を聞くと、「本校の教育活動がこのような形で、人生に影響を与えていくのか」と、教員である私も感動してしまいました。

来校いただいた皆さまからも、大変あたたかい言葉を頂きました。

・学校説明の合間に生徒の生きた話も聞くことが出来、学校生活をイメージしやすかった。
・様々な経験と個性をもった5人の生徒さんのお話を聞きながら、6年間の学校生活がとても分かりやすく、立派なお姿に感動すら覚えました。
・将来をしっかりとみすえた内容が良いと感じました。
・ライフガイダンスが充実していることが生徒さん方のスピーチで良くわかりました

校舎案内

その後、各学年のLHRのご紹介も兼ねた、校内案内ツアーが行われました。

最後に、学校説明会全体に対するアンケートをご紹介します。

・夏休みなど長期的な休みでも、学校外の活動がしやすい余裕のある状況で個人の個がのびやすい印象
・中3の卒論では、その時点で難しい問題に取り組み、また自身の目標や夢につながるきっかけになっていることに感心しました。
・中学生で、世の中のことと自分をつなげて問題を考えているところに感心しました。
・日本にとどまらない視野の広い女性になっていると感じました。
・教育方針等の説明から、変化に対応できる人間力を身につけられる、すばらしい環境が整っていると思いました。
・伝統校としての落ち着いた雰囲気(校内、先生方)と、通学環境も自然が残る中、落ち着いて生活が送れそう。
・先生や生徒の方に校内を案内していただきましたが、明るく活発でハキハキと話されていて、そのような子に育てたいと思いました。設備も充実していて、学びの場や選択肢が多く用意されていると思った。

ご来校いただいた皆様。誠にありがとうございました。また、多くの方が素敵な感想を書いてくださいました。重ねて感謝申し上げます。
高校3年生の姿をご覧いただいたことで、どのような中高6年間を過ごしているのかを少しでもお伝え出来たのであれば幸いです。

page top