2014年度

平成26年度 第1学期終業式(7月18日) 式辞より

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2014/7/28

祈り
主よ、あなたの愛に生かされるために、あなたの慈しみ深い愛に、わたしたちの日々の生活を捧げます。
どうか、わたしたちをお導きください。
あなたの中にせき止められた無限の慈しみの波を、わたしたちのうちに満ちあふれさせ、主の愛の中に生きられるようにしてください。

本日で1学期の学校生活が終わります。中学1年生の皆さんは、この4か月をどのように過ごしたでしょうか。
中学生活に慣れ、元気に友達と話したり、遊んだり、また生徒ラウンジで楽しく昼食をとっているところをいつも見かけます。それに1日も欠席しなかった人がたくさんいました。大変うれしいことです。よくがんばりました。

他の学年の皆さんも、大きな病気や事故もなく過ごすことができました。感謝いたしましょう。
1学期には大きな行事がいくつもありましたが、体育祭では生徒が主体となって、成功させることができました。素晴らしいことでした。

1学期が終わるにあたって、これまでの生活、勉強の成果を振り返りましょう。うまくできたところを伸ばすとともに、自分の得意でない教科の学習に取り組みましょう。ぜひ先生方からアドバイスを受けてください。

また夏休みが始まるにあたって、しっかり計画を立て、それに従って生活してみてください。自分で自由に計画を立て、それをしなければならない義務として従い、計画通り進めるのです。そうすれば、自由と義務は矛盾しないことになります。自分をしっかり律しましょう。心と体は、休閑地みたいに無為に、ぼんやりと過ごさせてはなりません。どんな想念がよそから入り込んで生い茂り根を下ろすかわからないからです。

何よりも健康と安全にくれぐれも気をつけて下さい。充実した夏休みになることを願って、1学期終業式の式辞といたします。

タグ

page top